検索
  • sito2525

米国EVサプライチェーン動向レポート10

北米におけるEVのサプライチェーンに関する最新動向です


最初に宣伝です:

以下のお手伝いが出来ますのでお気軽にお問合せ下さい。

  • 北米オフィス立ち上げにおけるITインフラ構築と保守

  • 立ち上げ段階における準備サポート(生産準備調達品の管理)と在庫の管理

  • メキシコにおける工場立ち上げ、生産ラインの設計

  • 米国での3Dアルミ試作

  • AI活用した海運コンテナ到着予測

 

◆今後の商用EVのセグメント別の波及(何が先で、何が後)

  • バスとバンの普及が先行

  • => 走行距離が事前に読める、充電インフラはベースに整備

  • バスEV最大手は中国BYD, 米国、日本市場でも導入が進む

  • スクールバスEVは車両単価が落ちれば普及する

  • 輸送業者はエミッションゼロを商品化して販売する(Fedex, UPS, Amazon)

source: Beachhead model for zero emission vehicle applications Welch 2020


米国で一番販売台数が多い商用バン、FORDトランジットEV

 筆者ウオールマートにて撮影


カンザスシティで製造、本体価格$56,820 (同型ガソリン車:約$45,000)


BYDは米国で生産、米国公共機関含む60社に導入実績有り

製造拠点はCityof Lancaster CA

リン酸鉄バッテリー搭載、累計1,000台受注

source: BYD


FEDEXはGM製のEVバンを導入する計画

source: fedex


◆日本発チャデモ急速充電規格の新規格900Kw対応

  • 日中共同で新規格の超高速充電900Kw対応

  • 新規格名称はチャオジ(ChaoJi)

  • 現在EV急速充電規格は地域により異なる状況で統一されてない

  • ChaoJiは互換性を担保

  • バッテリー容量が大きいトレーラー、バスで威力を発揮  (冒頭記事を参照)


各国のEV充電規格標準とチャオジ互換性


バッテリ容量の比較

source: 各社サイトより


併せてお読みいただくと、より効果があります。

関連記事:米国サプライチェーン動向レポート11


他には無い切り口で、最新の情報をこれからもお届して参ります。


伊藤 悟 Satoru Ito 

Synergy Works

sato.ito@sywk.net www.sywk.net





ご同僚、部下、上司、ご友人の方で受信を希望される方がおられましたら、

配信リストに追加させて頂きますので、お気軽にご依頼ください

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示